外壁塗装の賢い見積もりのもらい方や業者の選び方について現役大家の経験を活かして徹底ガイドします!

外壁塗装 ガイド

外壁塗装 費用について

外壁塗装するお金がないときは

投稿日:

外壁塗装はしたいけどお金がないという方も今のご時世は多いかと思います。

そこで今回は、これまでに数多くの業者に外壁塗装を依頼してきた体験からお金がない時の対策をご紹介します。

もくじ

外壁塗装するお金がない時にやること 8項目

  1. 助成金を利用する
  2. 必要な箇所だけ依頼する
  3. 人から見えるところだけ依頼する
  4. 塗料のグレードを下げてもらう
  5. 火災保険が適用されるか確認する
  6. リフォームローンを利用する
  7. 塗装期間(時期)を業者にお任せすることで値切る
  8. 一括査定で最安値の業者を選ぶ

助成金を利用する

助成金は市区町村によって存在したりしなかったりしますが、もしも外壁塗装の助成金が対象になるエリアでしたら利用することで20万円くらいのお金がもらえます。

外壁塗装だけでなくバリアフリー化や耐震化などのリフォーム費用も対象になっていることもあるので真っ先に該当するか調べてください。

調べ方は役所のホームページでも確認できますが手っ取り早いのは役所に電話をして「外壁塗装の助成金があるか知りたい」と言えば担当部署が答えてくれるので簡単に分かります。

なお、私の住んでる市は塗装の助成金はありませんでしたが妹の嫁ぎ先の市は補助金が用意されていました。

⇛ 外壁塗装での助成金の受け取り条件や手順について

必要な箇所だけ依頼する

外壁に亀裂が入っているなど補修を前提とした塗装を考えていた場合には補修と部分的な塗装だけにしてもらうというのも一つの手です。

というのも、何もせずに放置するよりかは今すぐに亀裂箇所を補修・塗装しておいた方がダメージを大きくしないばかりかその処置だけで終われば建物の寿命を伸ばすことにもつながるからです。

はじめて外壁塗装をお考えの方には100万円や200万円などのフルコースでお願いしないといけないと固定観念を持たれている方も多いですが、実は20万くらいで最低限の塗装・修理をしてもらうことはわりとよくあることなんです。

人から見えるところだけ依頼する

人から見えるところだけ依頼する

家の外壁が東西南北の4面(シンプルな家の場合)だとして、家の南が道路だとします。

他の人から目立つのは家の南側の面だけだとしたらその南側の面だけを外壁塗装してもらうという手もあります。(上画像の黄色面)

過去に私が貸家の塗装で利用した方法で、とくに隣近所がぎゅうぎゅう詰めの住宅街の場合、他の3面は隠れていることと傷みが激しいのは風や日当たりが良い一面だけったりするのでこの1面だけの塗装は少ない費用で家が見違えるという大きな効果があります。

体験談⇛ 予算の都合で外壁1面だけを塗装してもらいました

塗料のグレードを下げてもらう

外壁塗装の塗料には水性・ウレタン・フッ素系など多くの種類がありますが耐久性が良いものは塗料が高額になります。

そこで塗料を安いものにしてもらうことで塗装費用を抑えることが可能になります。

ただし、これは業者によっては「うちは水性塗装はしない」など拘りがあり安い塗料を扱わないケースもあります。

火災保険が適用されるか確認する

台風や浸水などの被害を受けたことによる外壁塗装なら火災保険が適用されるケースがあります。

屋根や外壁の傷みや床上や床下浸水などで外壁にダメージが出ている場合に使えるものですが、これはどのような火災保険に加入しているかによって金額も対象範囲も違ってきます。

もちろん何も被害を受けていなければ火災保険を使うことはできません。

ここで注意をしていただきたいのは、火災保険は5年や10年ごとに契約更新する時が来ますが、その際に火災保険を利用した人は次の掛け金が大きく跳ね上がりがちということです。

火災保険を利用して目先で得したとしても後にそれと同額やそれ以上の支払い額の増額となれば意味がありません。利用前にそのあたりは保険屋さんと相談してください。

リフォームローンを利用する

リフォームローンを利用すれば保険や助成金と違い外壁塗装だけでなくその他のリフォームもまとめてお金を借りることができます。

銀行が扱っているリフォームローンでもいいですが、もしかすると依頼する外壁塗装業者が紹介する銀行のリフォームローンの方が利息が安いということもあるので利息の比較は必ずしてください。

塗装期間(時期)を業者にお任せすることで値切る

外壁塗装には混雑する時期というものがありますが、逆に言うと暇な時期もあります。

気候などが影響するのでお住まいの都道府県によっても異なりますし、業者によっても異なります。

塗装時期を相談するタイミングは見積もりを取り終えた後に最後のひと押しとしてお願いするのが理想的です。

例えば私の場合、1,128,000円という場合には「塗装はいつでもいいのでお任せします。そこであと28,000円安くなりませんか?」なんて言い方をします。

一括査定で最安値の業者を選ぶ

外壁塗装は業者によっては構造や価格帯などで得意・不得意があります。

いつも大きな物件ばかり依頼を受けているところに戸建ての見積もりを依頼すれば依頼してほしくないのでわざと高い見積もりを出すこともあります。

でも1社しか見積もりをもらわなければその高値に気づけないので割高な依頼をしてしまうことになります。

また、いつも安いグレードの塗料を使っている安値がウリの塗装業者ならお金がない時の依頼先としては相性が良いです。

そんなふうに各社によって内部事情が異なるため、最安で外壁塗装を依頼するなら複数業者から査定をもらって比較する必要があります。

でもそれって面倒ですよね?

そこで便利なのが外壁塗装の一括見積もりサービスなんです。

1回の入力だけで該当エリアの優良業者5社ほどからまとめて査定額を出してもらえます。

A社100万・B社125万・C社90万・D社78万・E社140万みたいにたいていはバラついているものです。後は最安値の業者だけに相談すればいいのでラクだしお金がないひとには最高の選び方ができるわけです。

一括査定なら正しい外壁塗装額と最安値がすぐ分かる!

1位 ヌリカエ

  • 全国を対象に優良業者だけが登録されてる
  • スマホやPCで査定金額がわかる
  • しつこい営業がない 最安値がみつかる
  • 言いづらい断りも「ヌリカエ」が代行

2位  リショップナビ

  • 名称がリショップナビにリニューアルしサービス向上!
  • 登録10秒で見積もりが集まる
  • 外壁塗装の事例が出てるので参考になる!
  • 優良業者300社が登録されてる
  • 見積もりはショートメールで届くのでメルアド不要

-外壁塗装 費用について

Copyright© 外壁塗装 ガイド , 2024 AllRights Reserved.